[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

色々な断熱材がありますが。

最近では健康住宅への関心も高まり、断熱材などについても何々と言われる方が増えてきました。そこで一言。

断熱材を考えるとき健康と言う視点から考えた場合、断熱材から有害なガスが出ない限り直接健康に与える影響はすくないものです。最近、グラスウール断熱材が色々言われてはいますが、施工中にグラスウールの飛散はありますが、その使われ方に問題がある場合が多いのです。断熱材ですから、そこには熱境界が生じます。空気中には湿度があるのでその境界では結露が生じることがあります。隙間無く施工されている場合は結露はおきにくいのですが、少しでも隙間がある場合、そこに結露が生じます。コンセント回りなどは危ない部位です。そして、壁の内側にビニルクロスなどの水分を通さない仕上げ材を使用した場合、結露した水分が蓄積してカビが生えてきます。そのカビがアレルギーなどを生じさせる訳です。断熱材そのもの性能より壁の中の水分をうまく排出する構造の方が大切な場合もありますので、家をトータルに考えることが大切です。

また、最近の断熱材には断熱だけでなく、色々な機能を付加したものが出てきました。セルロースファイバー断熱材をなどを2*4などの木造で使用すると構造体そのものに対して、音の制振効果も高まり、上階の足音などが下階に伝わりにくくなります。これは、屋外の騒音や振動のある場所、上下の足音に効果を発揮します。また、軽量鉄骨の建物などは断熱材に水分を含まず密閉効果の高い発泡ウレタン系の断熱材が耐久性を上げるのに効果的です。このような断熱材はグラスウール断熱材に比べて2〜2.5倍くらいの費用がかかりますので、適材適所に使用したいものです。何々断熱だから安心という事はありませんから、良く考えてセールストークには気をつけてください。

 

Return