[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

最近、珪藻土壁を望まれる方が増えていますが。

自然志向の家作りが注目される中、珪藻土の壁をご希望される方も増えてきました。そこで一言。

珪藻土の壁はビニルクロスのおよそ5倍、漆喰の2倍、塗装の3倍のコストがかかってきます。家一軒分とするとかなりのコストになりますので、慎重に決めたいところです。

ところで何が問題かと言うと珪藻土は珪藻という植物プランクトンが化石化したもので、品質によってはシッカロールやダイナマイトの原料にも使われてきました。化石ですからカルシュウムが多孔質化したもので、採取される場所によって色や粒度が異なります。それ自体は固まる性質は持っていません。そこでバインダーと呼ばれる糊状のものをミックスして壁材として販売されています。しかし、このバインダーが問題です。酢酸ビニル系のものや水生アクリル系のものが入ったのでは塗料と変らないからです。今では漆喰と言えどもプレミックスになっていて、これらの接着剤が混入しています。本当に化学物質を少なくしたいのであれば、天然のバインダーを使うべきだと思うからです。しかし、そのような材料はあるのでしょうか。?イメージだけが先行しているような気がします。

以前、左官屋の親父さんと話をしていると、昔、自分たちが小僧だったころは、前の日から現場で海草の糊を煮立てそこに麻縄を細かく刻んだものを入れ、そこにドロマイトブラスターを入れて漆喰を作っていたと言っていました。そんなLOHASな時代があったんですね。今、同じようなデザインをしてもそこまでは難しい ことです。話をした職人さんは70歳を過ぎていました。

Return