[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

構造計算書偽造事件について。

構造計算書偽造問題が世間を賑わせていますが、建築家の立場から一言。

この事件は構造計算書を単に偽造したという問題ではありません。日本に存在する建築設計事務所のうち、70%以上は建設会社やハウスメーカー・工務店などの建設会社から仕事をもらっているのではないでしょうか?直接建築主から依頼される事は少ないと言うのが現状なのです。契約そのものは建築主と直接するものでも、施主を紹介してくれる建設会社の営業力は絶大なものがあるのです。そのような状況で今回の事件はおきたと思うのです。しかし、これはほんの氷山の一角で、設計の細かい内容についてみればたくさんの事が内在しているのです。建設会社は一度工事契約が成立してしまえば少しでも多くの利益が生まれるよう働きかけようとするからです。このような体質がある限りこのような問題は解消されないでしょう。

SOGLIOLAは建設会社からの設計の依頼はほとんどありません。分離発注を手がけていますので当然のことですが、分離発注による建築はこのような建築業界のネガティブな一面から生まれた事も事実です。

Return