[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

蓄熱床暖房の薦め

床暖房と一般的に言うと石油温水式がいいとか電気式がいいとか議論される事が多いのですが、実は熱源について議論する以前にもっと重要な事があることを忘れてはいけないのです。一般に木造の建物では、木質の床そのものに熱を蓄える蓄熱容量が少ないため床暖房には適さないものなのです。熱伝導率が少なく蓄熱容量の小さい木質の床暖房では、ヒーターの周りは熱くなりますが、少し離れると冷たい感じがするのです。そしてヒーターを切るとすぐに冷えてしまうのです。それに比べてコンクリートや土間などは木質のものに比べて蓄熱容量が大きく熱伝導率が大きい為、温まるのには時間はかかりますが、床面の熱むらは少なくなりますし、熱源を切ってもすぐに冷える事はなくなります。床の仕上げ材にもよるところですが、床暖房を局所暖房と考えるより、温度は少し低めでも全館暖房としたほうが人に優しい暖房と言えるのです。

全館暖房と聞くと高額なイメージを皆さんは持つと思います。ですが、それは床暖房のシステムとして販売されているものを使用するから高くつくものなのです。基礎工事の段階から考え、一般的な配管材料やボイラーを組み合わせる事でローコストで品質の高い床暖房が可能になります。勿論、薪で床暖房などと言う事も可能です。太陽温水器と薪のボイラー・石油ボイラーをトリプルで組み合わせる事も可能です。薪ボイラーや石油ボイラーは安いものでは10万円以下で購入できますし、汎用品ですから、壊れてもすぐに取替えが可能です。ライフスタイルに合わせた暖房を考えるのもいいかもしれません。それにこのようなシステムでは、夏に水を通す事で冷房する事が可能になります。結露するほどの冷水を通す事はできませんが、気化熱を利用して人に優しい冷房なども夢ではなさそうです。エアコンのように空気が動いて音がする環境とは違う高品質な生活環境を考えてみませんか。

Return