[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

自作のパソコンと建物の分離発注

私はパソコンを自分で組み立てますが、この自作パソコンと建物の分離発注とはどこか似たところがあるのでその辺りのことについてお話したいと思います。
今でこそ一家に一台はあるパソコンになりましたが、自分で作る方はまだまだ少ないと思います。ですが、私の家のように一家に数台のPCが稼働しているとそのメンテナンスの方法の違いで随分とその費用も変ってきてしまいます。PCが壊れると言っても全てのパーツが壊れる訳ではなく、ほんの数千円の部品が一つ壊れるだけでもPCは動かなくなってしまいます。そんな時その部品を取り替える事ができれば数千円で済むことなのですが、メーカーや業者に依頼するとそんなものでは済まなくなってしまいます。ましては、安いショップの特価品でも済む部品が定価の部品になってしまったり、それにプラスして技術料/出張費/などがかかってしまうのが現実です。
メーカー製以外の一般のwindowsのパソコンはケースから主要部品のケース/マザーボード/電源などの部品がATXやmicroATXなどと言った規格でつられていますから、その規格さえ理解していれば部品を交換することはさほど難しいことではありません。しかし、量販店などで売られているメーカー製のパソコンはこう言った規格では作られていません。そのメーカー独自の規格で作られたケースなどに収まっていますので、簡単な修理でもメーカーに出さないとできなくなってしまいます。ほんの些細な部品が壊れただけでも新しいパソコンが買える費用がかかってしまうなどと言うことも考えられるのです。
そう考えるとパソコンの自作と建物の分離発注はどこと無く共通な価値観の上に乗っている感じがします。物に対する保証のこととか、そのものが不要になったときのリサイクルのこととかも全てのこと にメーカー主導の考え方があると思うのです。

Return