[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

分離発注では監理する設計事務所の対応でいろいろなレベルが存在します。

 

最近では分離発注を行う組合や組織もいろいろ現れてきました。しかし、ここでは基本的な事柄についてお話したいと思います。

まずはいろいろな組織ができてきましたが、分離発注では組織がと言うよりそれを行う個々の事務所の姿勢の方が重要です。ただ、図面を書いて業者に見積・発注をしていたのでは分離発注であることのメリットを十分に得る事はできないからです。実際に建物を作るという行為は図面を書いたりする事とはまったく異次元のことであることを理解する必要があります。材料ともども専門業者に発注するのと、材料を支給して工事を依頼するでは工事監理業務の内容は全然異なってきますし、発注する業者も個人でやっている業者と会社組織で何にも使っている業者では業務の内容は異なってきます。

また、分離発注で大切な事は、建築工事では必ずと言っていいほど隙間工事が生じてきます。建設会社や工務店などでは現場監督が行ってしまうような業務を誰が行うのかという事もあります。パートナーである設計事務所を選ぶ際には必ずそういった業務を誰が行うのか確認する事をお勧めいたします。

また建築では、非常に多くの専門職を必要とします。場合によっては業者を探して打ち合わせを行うほうが実際に製作してしまうより手間のかかる事だってあるのです。設計事務所だからと言って実際に製作できない事務所ではデザインや製作に制限を受ける事もありますし、その負担は全て建築主に跳ね返ってくる事もあります。ですから、実際に製作する立場ではなくても設計事務所がどのような機材やスキルを持っているか確認したいところです。

 

Return