[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

シックハウス法のその後。

シックハウス法が施行して2年が経過しました。シックハウス法は皆さんもご存知だと思いますが、建材や家具・カーテンなどから出る有害な化学物質から身を守る為に建材などの有害な化学物質の使用の程度にあわせて室内換気を義務付けた法律です。この法律ができたおかげで建材の世界は一転しました。ほとんどの製品が☆☆☆☆☆製品に置き換わりました。これは法律で定めた有害な物質は使用していないというランクのものです。アレルギーを持っている方には本当に良いことなのですが、これらの製品を使用しても強制換気義務はある一定以上は求められるのが法律の内容です。

シックハウス法が施行してまもなくのころは換気扇にスイッチをつけることすら認められていなかったと記憶にあるのですが、最近ではスイッチにネームプレートをつければスイッチをつけることが認められる状態です。市町村によってはネームプレートの事すら言わないところもあるというのが原状になってきました。本来、この換気扇にスイッチをつけるのでしたら窓を開けて換気するのとどこが違うのでしょうか?換気義務と高気密・高断熱の省エネ、それにその使い方まで加わって??

換気も断熱も良くすればそれなりにコストがかかるものです。法律が形骸化しないことを望む次第です。

Return