[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

建築の総予算について。

家を建てようと考えるほぼ全ての人は予算内で夢の実現ができるか不安に思うことでしょう。実に様々な情報の中で、後悔しない家を作るには本当に大変な事です。そんな中で同じような質問をよく受けることがあります。「これこれの家を○○○○万円で建築できますか?」と言う内容のものです。定型のハウスメーカーや工務店なら立地条件さえ満足すればおおよその事は解ると思いますが、私共のように設計からスタートして 、住む方のニーズに合わせて家を作っているものには、なかなか総予算を計画前に確定する事は難しいことです。一つ一つの工事は根気よく見積もりを取って行けば底値に近い価格で実行はでき ますが、難しいのが建主である皆様が、設計や建物の仕様について協力してくれるかと言う問題があるからです。驚くほど低価格のハウスメーカーなど があると思います。同じ仕様でしたらそんなに大きな価格差は生じないと思いますが、私共から見て、このような仕様でいいのかと言うような事も多々見受けられるのです。家は長く使うものですから、そこに住まう方の考え方・立地条件で仕様やデザインは変ってきます。 中には建物の仕上げや取り付く分材にこだわりのある方もいらっしゃいます。そう言った未知数を安直に○○○でできますとはなかなか言いにくいのです。建物に対しての考え方や予算・デザインを建築主・建築家双方が擦り合わせを行う。それが設計と言う作業 だと思うのです。 分離発注での建築は制約のない建築だから擦り合わせが柔軟にできるのが特徴ですが、一般的に建築家は予算に無頓着でいくらかかるか解らないと言った先入観を持っている方もいると思います。確かにそう言う建築家もいる事は事実ですが、 限られた予算の中で納得の行く計画を建てるのも私どもの重要な仕事なのです。 ハウスメーカーなどが提案しないような方法が見つかるかもしれません。 単なる図面上のことだけではなく、インターネットを利用してリーズナブルな建材を見つけたり、施主が建築に参加するハーフビルドを推進できるのも自由な建築環境を持つ設計事務所ならではのことなのです。確かに総予算は大切な事です。ですがそれ以上の物があるように思いませんか? 

Return