[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

化学物質過敏症について。

最近 では家を作る方のほとんどと言っていい程、化学物質過敏症(シックハウス)について気を使う方がいらっしゃるようになりました。実は私もアレルギー体質でシックハウスに悩む方の気持ちは痛いほどよく解るのです。これは当事者でないとわからない辛さです。実はシックハウス対応と良く言われていますが、誤った使われ方をしているのが良く目につくのです。それは自然素材を使えば安心などという設計家が実に多い事です。アレルギーを引き起こす要因は化学物質だけでないからです。杉花粉症は自然素材のアレルギー疾患の代表だと思いますが、皆さんは、家具や木工で杉やヒノキの木粉を吸い込んでアレルギー疾患になっている人が多い事をご存知でしょうか?内部の造作に杉やヒノキの無垢材を使い珪藻土などを使用すればアレルギー疾患がおきないなどと言うのは大きな間違いだからです。先日、事務所にピーラ(米松の芯材)を置いて置いたら次の日に喉がヒリヒリしてしまい、改めて木粉だけでなく木から蒸散する物質でもアレルギー反応はおこるものだと実感しました。もし、これが新築で色々な材料が複合したら、一般的には化学物質が悪者になってしまうことでしょう。

アレルギー疾患対策はそこに住まう人の体質に依存するものなのです。もし、自然素材を使用しているのでアレルギー疾患対策は大丈夫などという設計者がいたら、アレルギー疾患については理解できないと考えた方がいいかもしれません。

Return