[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

標準仕様・・?

現場で職人と話をしているとよく「それは一般的な納まり出は無いよ。」とよく言われることがあります。デザインや現場の状況で、一般的で無いという事は良くわかって言っているつもりなのですが 、そうする事でデザインであるとか施工し安さであるとか安価にできるとかいろいろあって、良いと思っての事で指示を出します。しかし、職人から見ると普段やらない事を要求されるのですから 、受ける職人によって色々な返事が帰ってきます。特にいくつかの職方が交差する場所ではそれぞれが自分に都合のいい方法を提案する事はしばしばです。分離発注の面白さはこう言ったやり取りの中で建物ができて行くことにあります。多分、現場ごとに同じ事でも対応が異なるのは、職方の技量や今まで経験の無い事でもなんなくこなせるかという事が働きあうからです。

また、建物やそこに住まう人によってはドア一枚・窓1つでも意味を持ってくると言うことがあります。そんな場合には既製の玄関ドアやサッシは使用できなくなってしまいます。そういった事は家のいたるところにあって、建築家として腕のふるいどころなのです。中にはこのようなハードルは越えないと言う建築家もいると思いますが、物と向き合ってその質感やデザイン・機能をつき詰めたいと思う建築家はそういったハードルを越えないで物を作る事はできません。ただ、図面を書いて職人に渡せばできるのでもなく、実際に作る人とのすり合わせが実行する上で大切なプロセスになってくるのです。特に分離発注では作りやすさや性能についてもシビアな対応が迫られる事もあるのです。ただ標準的な納まりの中で品質を追求するだけでない世界がある事を少しでもわかって頂けると嬉しいものです。建築家がハウスメーカーと異なる事の一つだと思っているのは私だけなのでしょうか?

Return