[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

職人の世界の2極化が進んでいます。

今に始まった訳ではありませんが、公共工事が著しく少なくなり、工務店など町場の職人を使った建築が少なくなった昨今、一般の職人の世界にも大きな変化がでてきました。大工の世界などはその典型的な世界です。木造の家の場合、その出来の良し悪しを左右するだけに危惧されることです。

今までは腕さえ良ければ色々な工務店がら仕事が回ってきた大工も今では○○ハウスの下請けの大工をしているなどと言う話をよく聞くようになりました。家のほとんどがハウスメーカーによる現在の状況では仕方のない状況なのですが、ある意味少し手の混んだ建物を設計すると作る職人を捜すのに大変難しい状況がでてきました。昔気質の現場を綺麗に責任を持って仕事をする職人が少なくなったからです。ノミや鉋が使えない職人も珍しくありません。それに、一日幾らで働く職人にいくら責任を持てと言っても始まりません。ましては現場の片付けは孫請けの外国人労者を使用する場合も珍しくないからです。物を作る作業で現場を片付けたり掃除をする事は技能を磨く上でも大切な行為です。そういった本来あった事が軽視されていくのは何か寂しい気がするのです。

物には魂が宿ると考える物作りをいつまで続けられるのでしょうか? もしかして、単に設計だけしていたのでは実現が難しくなるのかもしれません。

Return