[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

工事業者の選定に際して

工事業者の選定に際して、いつも色々と考えさせられます。何社かに見積をお願いするのですが、最終的には1社に決めなければなりません。当然、建築主とも協議して決める事なのですが、単に見積の金額や内容だけでは推し量れないことがあるのも事実だからです。人間力が試される。そんな作業のような気がするのです。建築では全ての事が予定通りにスムーズに進むとは限りません し、全ての事柄について図面に記載する事が難しいのも現実です。良い工事業者との関係を作る事は、ある意味良い建物を作る事につながってきます。

一括発注で業者を選定するにしても、下請けの工事業者に無理を強いているような建設業者で親方風を吹かしている状況では、いくら金額が安くなっていたとしても、現場の雰囲気はどこかピリピリした物を感じますし、 どこか物作りとして疑問の残るところです。建築は根気の要る作業もあります。温和な気持ちを持って淡々と物作りに取り組める環境づくりもとても大切な事です。 単に出来上がれば良いというものではありません。

見積から始まる一連の作業も単に金額だけでない重要な要素があるのですが、そうは言っても予算あっての 建築です。多くの場合、予算内に納まるケースより予算をオーバーしてしまうケースが多いのですが、設計と言う立場でどのように対応するかが大切だと思うのです。業者にだけコストダウンをお願いするだけでなく、必要ならば予算の手当てや仕様の変更を建築主にお願いしなければなりません。皆さんが納得して気持ち良くできる環境を作る事は私たちの仕事だと思うのですが、一番頭の痛いところです。

Return