[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

家造りの極意とは。

ほとんどの人は一生に何度も家を作る事は無いと思います。ですが、人生全てのステージで良い家など存在はしません。だから色々悩むことになります。そうなると、一般的には耐久性・利便性・eco性能などなどのスペックについ目が行ってしまうことでしょう。ですが、建築を長らくやっていると少し見方が変わってきます。最近、ローコスト住宅でも設計事務所に依頼すことが多くなってきているのもそんな理由からかもしれません。

確かに利便性や基本性能はとても大切なことです。でも、それだけではないのです。味わいなどと表現してたらよいのでしょうか。家も人と同じ様に年をとっていきます。そんな経時変化の中で、ものにはチープになっていくものとそうでないものが存在します。また、合理性の中にも不便性があってうまくバランスが取れていたりもします。不条理なあれこれが住む人と妙にあっていたりもします。きっと、そんなことをまじめに考えるのが建築家なのかもしれません。どんなにローコストな家でもビニールクロスやユニットバス・既製の室内建具は使いたくないのは、そんな理由からです。薄いフィルムをラミネートした建材で経時変化に伴う味わいを期待するのは難しいと思いませんか?

家を作るとき、どこに立って家を作るかが大切なことなのです。10年20年30年先をイメージしてみてください。そこにいるあなたはどんな生活をしていますか?一見不必要なものが大切なものに見えたり、大切と思われたものがそうでもなくなったりするはずです。 どんな物語を描くかで家の品格が決まるような気がします。大きいとか小さいとか、高価であるとかが家の品格を決める要素ではないと思いませんか。物語性、忘れたくないことです。

Return