[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

設計事務所の業務とは?

設計事務所がデザインしたり設計図を描くことは当たり前のことですが、それ以外の重要な仕事がいくつかあります。なかなか理解されていないことが多いですし、時には誤解されていることもあるので、そんなことをお話したいと思います。

設計図は何を作るかを絵にしたものなのですが、同時に契約書に添付される書類でもあります。もし、家を作ろうとする人が簡単な間取り図を持って、何社かの建設業者に見積もりを依頼したとしまます。実際に上がってきた見積書を見て、どこの建設会社に依頼するかを決めるのだと思いますが、もし、総額だけを見て決めたのであれば、それは大変大きな間違いをしてしまうことになりかねません。それは、その見積書に書かれた建物の仕様がまちまちだからです。建物の間取りは確かに同じものなのですが、建物の耐震性やどういう材料で出来上がっているかを見積書から読み取り、比較することは大変難しいことだからです。詳細な図面を持って見積もりした場合は、作られるものが同じわけですから、見積書を比較すればどの業者が安いとか、どの工事を得意としているかなどが比較することができるのです。また、見積もり抜けなども発見できたりで、信頼性の高い建設業者を選ぶ大切なプロセスになるのです。

また、詳細な設計図書があるということは建物を作る途中でも、きちんと計画した建物が計画通り作られているかをチェックすることができることを意味しています。これは、当初計画した建物の基本性能を得る上で大切なことなのです。木造住宅で詳細な設計まで行うことは、まだまだ少ないようですが、いい家を手に入れる手段の一つなのです。そして、デザインはこうした地道な作業の上に成り立っていると考えていただけると嬉しい次第です。

Return