[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

建築家の独り言

平時だからこそやっておきたい事。

建築確認申請は某事件でも有名になったように民間の審査機関でも行えるようになりました。スピーディーさでは何と言っても民間の方が早く確認申請ができると思いますが、私の所ではなるべく建築確認申請はその地域の行政に出すようにしています。その地域ごとの微妙な空気も感じることができますし、その他の申請手続きが絡んできても一貫してできるからです。確認する内容については地域や担当者によって微妙に異なりますが、全般的に言える事は、ここ何年かで、法令の改正もありましたが、以前より法令の厳正な対応を求められるようになってきたと思うのです。昔は通ってしまった話が今は以前のようには通らないと言うのが実情です。増改築や建て替えをしようとして初めて判ることも珍しくないのではないでしょうか。震災のように突然何かが起こった場合、今住んでいる家にどういう問題があるのかを理解していないと同じ物さえ作ることができなくなってしまいます。築年数の経過した建物の増改築の予定のある方や、売買の予定のある方はその建物の既存不適格な部分がどこにあるのかを一度専門家に見てもらう事をお勧めいたします。

何かあって切羽詰まって事にあたるより、平時、できることは少しづつでも対処しておくことが皆さんの貴重な財産を守る上で重要だと思います。

Return