[TOP・・・・] [ローコスト住宅・・・・] [Basic1500・・・・] [コラム・・・・] [Q&A・・・・] [SOGLIOLAとは・・・・] 

 

 

Q&A

分離発注と一括発注のどちらが良いのでしょうか。?
 

建築を発注する場合、一般的なのが工務店やハウスメーカーに発注する一括発注だと思いますが、分離発注とどちらが良いかと言うことになるとそれぞれに長所と短所があり、建築主の考え方でどちらが適しているかが変わってきてしまいます。人それぞれ考え方が違うように家の建て方も異なっています。私共は設計と言う作業を通してどういった建築方法が皆様に合っているのか助言することは大切な業務だと思っています。

 

CMとはどんな建築方法なのですか。?
 

CMとはコンストラクションマネッジメントの略語で、建築工事管理を意味していますが、通常、分離・分割発注による建築の施工方法を意味しています。従来、日本では建設会社や工務店・ハウスメーカーなど による一契約での一括発注による建築方法しかありませんでした。建設業法や建物の品質に関する法令も全てこの一括発注による建築を前提に作られています。しかし、最近の道路公団にも見られるように、工事の内容や金額に不透明な部分が多く、工事費が高くなる傾向にあることからCMが注目されはじめました。

CMでは建築工事を行うそれぞれの工事業者と施主が工事契約を結びます。その為、それぞれの契約を取り交わしたり、工事を遂行する為には専門的な知識が必要になってきます。そこで、施主は専門的な知識をもつ技術者と工事管理に関する業務委託契約を結び、工事が円滑にできるようにするのです。その、専門的な技術者をCMマネージャーといいます。

CMマネージャーは施主との委託契約に載って行動することになりますので、建設会社やハウスメーカーノの現場監督と異なり、施主の利益が優先することとなり す。つまり、工事を安くする為に仕様を変えたり、かかった費用が当初より安くなったとしても自分の利益にするような事はありません。 また、コストダウンができてもそれは建築主の利益になるのです。ですから、そのような意味では業務に対する意識が基本的に異っています。

CMによる建築では、工事を行うそれぞれの工事業者に支払う金額が明確になります。建設会社などのようにいくらで下請けに出しているか解らないなどということはありません。これは、実際に工事を行う工事業者にとってもとてもいいことです。 下請けということで工事金額を下げさせられたり、支払いを何ヶ月も先に延ばされたりすることがありませんし、なんと言っても施主から直接仕事が来るという意味ではその部分の工事については元受となり、仕事もやりがいのあるものとなるからです。

また、一括発注とことなり、出来上がって支払いが済んだものから自分のものになっていきます。手の器用な方でしたら工事に参加することも可能です。

しかし、全てが良い事ばかりではありません。基本的には建築主の自己責任による部分が多くなりますから、CMマネージャーの技量や対応が問題となってきます。建築では隙間工事や工事種別ごとの微妙な調整が必要とされますし、請け負った専門工事業者が工事の全てを問題なく終了したかを確認しなければけりません。場合によっては急遽作業を必要とする業務が生ずる事もあります。そのような場合でもCMマネージャーは迅速に対応していかなくてはなりませんから図面だけ書く事の出る設計士がすぐにできるというものでもありません。物を作るという基本を十分に熟慮する必要があります。ですから、分離発注によるローコスト建築をお考えになる前にそのパートナーであるCMマネージャーを誰にするのかを慎重に決めていかなくてはなりません。CMマネージャーを選ぶ時に図面などを書く事以外にどのようなスキルがあるかを聞く事も大切な要素です。もし、明快な答えが無い場合は同じ分離発注でもうまくコストダウンできているか疑問が残りますし、何より、専門工事業者をコストのみで判断して思わぬトラブルを招く事もあります。

CMは自分の生活をよりクリェイティブにしたい人が建築をするのでしたら、これほど自由でクリエィティブな建築方法はありません。建築はいろいろな作業があり解りにくい事もありますが、一つ一つの事は意外とシンプルなものです。まずはお近くの分離発注を行う設計事務所に声をかけ話を聞いてみるのも良いのかもしれません。きっと、ハウスメーカーや工務店に無いテイストがあるはずです。

 

どの建物でも同じ性能を持っているのでしょうか。? 
 

全ての建物が同じような性能を持っていることはありません。一見同じように見える建物でもちょっとしたことでその性能に差がでることもあります。また、デザインや設計でも性能に差が出ることもあります。設計を依頼するときはデザインや使い勝手だけでなく性能についても確認することをお勧めします。

分離発注では建物の性能に関する法令の適用はありませんが、適用を受ける一括発注の建物でも10年より先には保証するものはありません。建物は10年を過ぎてからがその真価を発揮してきます。それには設計の段階から施工の段階にいたる間に十分な注意が必要です。目先のデザインやコストにとらわれがちだと思いますが、経験を積んだ建築家の意見を聞くことも大切だと思います。

 

長持ちする家とはどのような家でしょうか。?
 

家にダメージを与える要素は多くありますが、その特徴を理解しそれらの全ての事柄に十分な耐力を持った家が長持ちする家ということになります。1つの事柄について問題があっても致命的な場合もあります。

まず、紫外線によって劣化しない防水材は存在しないといってよいでしょう。雨水などの進入を阻止するシーリング材のメーカー保証は2年しかありません。したがって、防水材のメンテンスは必要不可欠ですが、2重3重の防水対策を取ることも必要なことです。

次に、熱膨張によって建物は伸び縮みします。木材はそれに加え乾燥によっても伸び縮みします。全体が均一に動く場合はまだよいのですが、太陽光で熱せられた部分が局部的に膨張したり、木材の場合は繊維方向で伸縮率が違って伸び縮みします。それによって、防水層に亀裂が生じたり、接合部のボルトが緩んでしまったり、局部的に力が加わり建物を破損したりします。想定される部分には伸縮性のある材料を使う必要があります。

建物は水など湿度との戦いと言っても過言ではありません。湿度は木や鉄を腐らせたり人の健康にも悪影響を与えます。特に建物の壁の中などについては、生活の仕方を工夫しても防げません。したがって、壁体内に溜まった水蒸気などの水分を外に出してしまう設計が必要になってきます。もちろん、部屋を換気したり除湿することも大切な生活習慣です。

デザインや間取りを優先するより、耐震性のある設計を優先する方が耐久性をアップすることが肝要です。建物の剛性がアップすると言うことは、風や地震の影響を受けても建物が変形しにくいことを意味します。基準を満足していても剛性についてはばらつきがあり、地震などで倒壊しなくても防水などにダメージを受けることがあるからです。デザインや意匠を優先して基準を満足した設計を行うことは難しいことではありません。しかし、耐久性をアップさせるには経験と細心の注意が必要です。最終的にデザインを決定知るときに十分に専門家と打ち合わせすることをお勧めいたします。

その他、家はシロアリなどのカビ・コケなどによってもダメージを受けます。害虫の駆除に注意を払うことはもちろんですが、それらの餌になるような建材を部位によっては使用しないことで耐久性をアップすることができます。

 

現在設計が進行していますが、心配な事があります。?
 

最近、このようなご質問を受ける時があります。現在お願いしている設計事務所なり、ハウスメーカーが自分たちの意向を本当に実現してくれるかという問い合わせです。

家を作ることで意外と多いのが、専門家に任せておけば、と思っている方が多く、実際に出来上がってしまうと何か違うと思う人が少なくないということです。これは、設計者と建築主だけで設計を進めるために、設計者・建築主のどちらか意向の強い方向にプロジェクトが傾いてしまう事から、本来望んでいた方向と異ってしまう事だと思います。特に家を建てようと思う方は一般的には建築の事を良く理解していない場合も多く、説得するに十分な言葉を持っていなかったりする場合もあります。

私どもでは、セカンドオピニオンとして実際の設計には携わらなくても、家を建てようと思う方が本当に自分達の家が望む方向に進むかアドバイスする事も重要な業務であると考えております。専門家の立場からの意見もきっと家作りには必要な事だと思うからです。

 

 

 

ご相談はこちらへ