その5

 

分離発注方式 では建築の事業主は施主になります。私共設計事務所と施主は施工管理について業務委任契約を結び、それに従って私共は専門的な知識や技能を持って工事がスムーズに遂行できるように段取りを行います。つまり、私共設計事務所は建築主の作った作った建築会社で施工する建物の工事監理をアウトソーシングされたと言うことになるのです。従って、どんなにコストダウンできたとしても私共がそれで利益を得ることはありませんし、建築主の代理として行動しますので、勝手に仕様の変更をしたり設計の変更をすることはできません。

return