■ 田舎暮らしで資産運用。

 

今、田舎暮らしが注目されています。人生の円熟期を向かえ、より豊かな生活を送るにはとても良い方法だからです。

ですが、良いとは解っていてもなかなか実行に移すには、解決しないといけない問題もあるはずです。それに、将来の計画を考えて田舎暮らしをするのと、ただ田舎暮らしをするのでは意味が違ってきます。資産の運用や相続・家族との関係などを考慮して理想的な田舎暮らしを考えてみませんか。?

 

 

今首都圏にお住まいのご自分の家が賃貸になった場合の家賃をご存知ですか。?

場所や広さで賃貸料はまちまちだと思いますが、多分、5年から10年の賃貸料で伊豆・箱根地域では土地と家を手に入れることが可能です。

これは、退職後、10年間賃貸することで、田舎に家と土地を手に入れられるということです。これは、田舎暮らしをする方だけを考えれば、年金が上積みされる程度かもしれませんが、もし、首都圏にお子さんがいらっして、首都圏に家が必要になってしまう方にとっては大きな問題となります。

お子さんは4000万円の30年住宅ローンを抱えなければならないかもしれません。しかし、10年今の家を賃貸にして、10年後に子供に譲ることができたらどうでしょう。?お子さんは4000万円の30年ローンの約6000万円という出費を節約することができるのです。

田舎暮らしで資産作りも夢ではありません。

 

 

田舎暮らしでは都会に無い自然や観光資源に恵まれています。お孫さんやお子さんとの関係でこういった環境をうまく使うことで、もっといい関係ができると思いませんか。?  

家族の関係が血縁だからと言うだけでなく、お互いにプラスになるためにもその環境はとても大切な役割を果たします。例えば、歩いて数分のところに海水浴場があったとします。それだけで多くのイメージがでてきませんか。?都会で生活していては手に入れることができない多くのイメージが湧いて来るはずです。

どのような時間を過ごすか?それもそれもある意味、資産と呼べるものではないでしょうか。

 

 

ただ田舎にこもるだけでは意味がありません。具体的に何をしたいのかイメージしてみましょう。生活のより細かい具体的なイメージを作ることで、一番適した場所を探すことができるからです。

陶芸や家庭菜園・釣りなど何でもいいのです。やってみたいことをより具体的にイメージすることが大切です。そして、そういった夢が実現できる地を探せばよいのです。

 

 

伊豆や箱根などの田舎では車さえ使うことができれば都会とさほど変わりない医療とか買い物などが可能です。

それは、ここ数年多くの老人医療施設が作られていることで理解することができると思います。生活を変えるという意味で不安が無いと言ったら嘘にると思いますが、生活の目的をはっきり持つことで豊かな田舎暮らしができるのです。

伊豆・箱根は東京からも近く、海・山・温泉と自然も多様でしかも温暖な気候は、無理の無い田舎暮らしをする上で最適地と言えるでしょう。

さぁ、具体的な青写真を作ってみませんか。? 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はこちらへ