木造耐火構造で3階建て

大震災以降、都市の防災の強化は皆が認識していることだと思います。そうした中、都市部では防火地域の指定が進んでおり、今まで木造の家に住んでいた人が今までのように自由に木造の家を建て直す事が難しい状況になってきていると思います。防火地域では一般の木造の建物を準耐火構造にバージョンアップしても2階建てで、100uという制限がついてしまい、100u以上の店舗併用住宅や3階建て2世帯住宅を希望するお客様は耐火構造の建物を作る必要が出てきてしまいます。今までは鉄筋コンクリートや鉄骨造の耐火建築しか建てることができなかったのですが、最近では木造でも耐火構造の建物を建てることが可能になってきました。

木造でも耐火構造とすることで面積制限がなくなりますし、用途制限もなくなります。3階と言う制約はつきますが、土地を有効利用することが可能になります。

木造3階建て耐火構造のすすめ パンフレット

 

問い合わせは

mail   sogliola@cyberbb.com

tel   0465-63-2328

fax   050-7522-1778

 

[Return]